ブロンズターナー 副作用

ブロンズターナー,副作用

 

塗って小麦肌が作れる「ブロンズターナー」。

 

塗るだけだから紫外線ダメージゼロ!肌を傷めません。

 

 

そんなブロンズターナーですが、副作用はないのでしょうか?

 

あまり馴染みがないものだから肌への影響が気になりますよね。

 

一度ならともかく使い続けても大丈夫なのか調べてみました。

 

 

 

ブロンズターナーの副作用について!

 

ブロンズターナーに副作用はありません

 

ブロンズターナーは、主成分「DHA(ジヒドロキシアセトン)」で肌を小麦肌っぽく染めてくれます。

 

ジヒドロキシアセトンは、サトウダイコンやサトウキビなどに含まれている糖分由来のもの

 

食品に含まれている成分で肌を染めるため、肌に一切の害もないし依存性もありません!

 

放っておけば1週間程度で元の肌色へと戻ります。

 

 

 

博士イラスト

 

Wikipediaでも、ジヒドロキシアセトンは「毒性が全くない」として紹介されています。

 

皮膚の着色には毒性は全くない。メイラード反応に似た機構であり、角質中のケラチンを構成するアミノ酸残基と反応する。各アミノ酸残基がDHAと異なった反応をし、黄色から茶色まで異なった色を呈する。生成した色素は総称してメラノイジンと呼ばれる。

 

参照:ジヒドロキシアセトン - Wikipedia

 

 

このように、ブロンズターナーは肌に害となる成分が入っていないので副作用の心配は全くありません。

 

「尋常性白斑」という肌が部分的に白くなる皮膚疾患では、医療行為の一つとして使用されています。

 

敏感肌だから心配という方は、目立たない場所でパッチテスト行った上で利用されるとより安全です。

 

 

≫ブロンズターナー公式サイトはこちら

 

 

 

 

ブロンズターナーは長期間継続的に使って大丈夫なの?

 

ブロンズターナー,副作用

 

ブロンズターナー公式サイトにて、「小麦肌を維持したい場合は、定期的な重ね塗りが必要です。」と回答されています。

 

つまり、“定期的に=継続的に”なので長期間使い続けても何の問題もありません。

 

 

口コミでも「肌が荒れた」「かゆみが出た」との書き込みは一つもありませんでした。

 

セルフタンニングは皮膚に使用する限り安全であると認められています。

 

 

 

 

美容皮膚科医師も推奨!

 

ブロンズターナー,副作用

 

美容皮膚科医の榊原院長も、「皮膚のダメージが無いセルフタンニングがお勧めです。」と推奨しています。

 

皮膚科医が顔出しで皮膚のダメージが無いと言ってるので説得力がありますよね!

 

 

通常の日焼けだとヒリヒリするだけじゃなく、シミや皮膚がんのリスクが心配ですが、

 

ブロンズターナーは肌ダメージがなく紫外線に当たる必要もないので非常に安全です。

 

 

日焼けサロンだとお金も掛かりますし天候にも左右されないから、手軽に小麦肌になりたいって方におすすめです。

 

 

くわしくは、ブロンズターナー公式サイトをご覧ください。

 

≫ブロンズターナー公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

ブロンズターナーの口コミ評判

 

綺麗な小麦肌になれる

割といい感じの小麦肌になりました。
あとは塗り方のコツかな?と、思います。
日本製と言うのも安心です。

男らしくなって良い感じ

4日から6日位の頻度で顔や体に塗ってます。
昭和生まれの自分は顔や身体が黒い方が男らしくて良いと思います。

簡単に小麦色になれる

レビューに書いてある通り綺麗な小麦色になります。
日焼けサロンに通って肌を黒くするより費用がかなり抑えられる。
これからも使って行きたいと思います。ありがとうございました。

筋トレしてる人のモチベUPにも!

 

<口コミまとめ>

  • 綺麗な小麦肌になれた
  • 肌が黒い方が健康的に見える
  • 日焼けサロンよりも費用を抑えられる
  • 匂いもなくて、着色も綺麗だと感じた

 

このような満足の声が寄せられていました。

 

 

 

 

 

ブロンズターナーのお買い得情報

 

単品2,970円(税込)送料無料で購入できます。

 

ポスト投函のため直接受け取り不要です。

 

ブロンズターナー,副作用

 

くわしくは、ブロンズターナー公式サイトをご覧ください。

 

≫ブロンズターナー公式サイトはこちら

 

page top